整骨院紹介

理念

根拠に基づく医療(evidence-based medicine ,EBM)とは

「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を用いる」

医療のあり方を言います。

 

医療の世界は日進月歩で変化していきます。

ついこの間常識であったことが、

ある日時代遅れと言われることもあります。

 

なぜ今、安静にする必要があるのか?

なぜ冷やす必要があるのか?

なぜ関節や筋肉を動かす必要があるのか?

 

人間の身体に起こる痛みには必ず原因があり、

それらが科学的、医学的に説明ができなければいけません。

痛みやシビレ、辛さの原因を鑑別をし、

今の状態からどういった治癒過程を辿るかを患者さんに伝え、

ご納得できる治療を目指します。

​スタッフ

院長  大野 泰照(オオノ ヤスアキ)   
柔道整復師


経歴

越谷生まれ越谷育ち
東京都荒川区の接骨院で勤務
越谷市の整形外科・内科併設病院リハビリ科に勤務

浦和の整骨院で勤務を経て独立

 

接骨・整骨院の業界は医学的に裏付けされた知識で
『あなたの身体は今こういう状態ですよ』

と説明されることはあまり多くありませんでした。

私が専門学校時代に師事した先生は
「これからの時代は患者様に科学・医学的に論理立てて説明できなければ、

保険が使える医療従事者として失格である。」と教えられ感銘を受け、

その教えを少しでもできるように研鑽を重ねて

この度、自分の院を出すことができました。


筋や骨・靭帯だけでなく、マクロな視点である細胞の損傷や経過時間、

回復状態を考慮し、医学的根拠に基づいた考え方を患者様に伝え、

なにより患者様自身が納得できる治療を心がけております。


「患者様ひとりひとりに合った治療を提供するため、
日々研鑽していきます。」